トップページ
ニュース
施工例
お客様の声
不動産情報
オーナー様のページ
企業情報
お問合せ
むらまつハウスオリジナル住宅 わんこの家
   
わんこの家ってなに?  
ズバリ!「飼い主さん」と「ワンちゃん」が楽しく、快適に暮らせるお家です。
犬用住宅というと、飼い主さんよりワンちゃんを優先して、家づくりをしなければいけないとお考えではないでしょうか?
そんなことはございません。当社の提案する「わんこの家」は飼い主さんとの共存をテーマにしています。
例えば、ワンちゃんのための滑りにくい床材にしたとします。
滑りにくい床材は、ワンちゃんはもちろん、子供やお年寄りの事故を防ぐことにもつながります。
「わんこの家」とは言いますが、子供にも、お年寄りにも優しい家造りになるのです。
さらに家の間取りを工夫し、ワンちゃんのお世話のしやすい空間もご提案致します。
ラクに楽しくわんことの生活を楽しめる「わんこの家」を一緒に造りましょう。
わんこの家提案例  
図面
飼い主さんもわんこも嬉しい10のポイント
@ 広々デッキ A 玄関から続く土間 B わんこ用洗面所 C たっぷり収納スペース D 緩やかな階段
E わんこ安心スペース F 家事ラク動線 G 成長に合わせた子供部屋 H 自由に設計スペース I プライベートドックラン
   
@ 広々デッキ  
デッキ わんこは外を見るのが大好き。
日の当たるデッキはわんこのお気に入りの場所になるでしょう。
お散歩から帰ってきたわんこがデッキの階段を上がり、そのまま家に入れるように工夫しました。
こちらのデッキは土間に繋がり、リビングまでの空間を広々と見せる演出をします。
広いデッキは布団などの大きな物を干すのに大活躍します。
   
A 玄関から続く土間   
玄関から続く土間 雨の心配のない屋根付きの土間は、自転車やベビーカー置き場に最適です。
キッチンから土間の様子を見れるので、お子様の遊び場所としても使えます。
室内と繋がっていることでお掃除もしやすく、わんこの汚れた足で入っても大丈夫です。
また、わんこの熱中症対策にも大活躍します。
わんこは平均体温が38℃と高め。夏はわんこにとってつらい季節です。
土間のひんやりとした冷たさはわんこにとって心地いいものでしょう。
   
B わんこ用洗面所  
わんこ用洗面所 お散歩から帰って来たわんこはどこで足を洗いますか?
ほとんどの方が外に取り付けてある水栓で洗っているのではないでしょうか。
しかし外の水栓は、雨の日はわんこを洗っている間に飼い主さんが濡れてしまうし、寒い冬は冷たい水で洗わなければいけないし、ちょっと困った場所。
そこで、当社では室内にわんこ用洗面所を提案します。
お散歩から帰って来たわんこを土間に通して、そのまま洗うことができます。
   
C たっぷり収納スペース  
たっぷり収納スペース 玄関付近に多くの収納スペースを提案します。
わんこのリードやお洋服、おしっこシートなどを1つの収納でまとめることができます。
家族用、わんこ用で分ければ、収納が混同しないで、スッキリしますね。
   
D 緩やかな階段  
緩やかな階段 急な階段はわんこにとって死活問題です。
腰を曲げながら下りることは、ヘルニアになる可能性が高くなり、最悪半身不随などの病気を招く原因になります。
そこで当社では、腰に負担のかかりにくい緩やかな階段を提案します。
緩やかな階段は、わんこはもちろんお年寄りや小さなお子様にも安全な階段になります。
   
E わんこ安心スペース  
わんこ安心スペース わんこの祖先はオオカミで、洞穴で生活をする動物です。
わんこが安心するスペースは周りを囲まれた狭くて暗めの場所と言えます。
そこで、階段下のデットスペースになりがちな場所に、わんこ用のスペースを用意しました。
急な来客にも、安心スペースにわんこを置くことができます。

   
F 家事ラク動線  
家事ラク動線 キッチンはわんこにとって魅力的な場所。
調理中は足元にいることが多いです。
しかし、キッチンは油のはね、包丁、玉ねぎ類の誤飲など、案外危険な場所なのです。
そこで当社ではキッチンにゲートを造ることをご提案いたします。
わんこも飼い主さんもお互いの様子が見えるので、安心ですね。
また、脱衣所と隣接していることにより、忙しい朝の時間も、家事をラクにすることができます。
   
G 成長に合わせた子供部屋  
成長に合わせた子供部屋 お子様の年齢に合わせた子供部屋をご提案致します。
真ん中に収納スペースを造り、2部屋に分けることもできますし、お子様が小さいときは2部屋を繋げたキッズルームとしても活用して頂けます。
   
H 自由に設計スペース  
設計フリースペース こちらのお部屋は完全なフリースペースです。
収納にしてもいいですし、わんこ用のお部屋、お子様用にもう1部屋、パパに嬉しい書斎、お客様のご要望に合わせたお部屋の造り方ができます。
   
I プライベートドックラン  
設計フリースペース 広々としたお庭で、わんこと思いっきり遊びたい!と思ったことはございませんか?
しかし、お庭を広くすると駐車場が狭くなってしまうので、なかなか実現は難しいようです。
そこで当社では、屋上にプライベートドックランをご提案いたします。
わんこと一緒に遊んだり、犬友を呼んでパーティーをしたり、家庭菜園をしたり…。
当社の屋上庭園はそんな“夢”を叶えます。
※屋上庭園住宅の専用ページはこちらから